ふるさと納税TOP
 >  ふるさと納税とは  >  ふるさと納税ってどんな制度

ふるさと納税ってどんな制度

ふるさと納税ってどんな制度

ふるさと納税は、市区町村から都道府県まで、全国の自治体の中の応援したい自治体に寄附金を送ることができる制度です。

ふるさと納税を受けた自治体は、その寄附金を地域の取り組みに活用します。また、多くの自治体が、寄附のお礼として地域の名産品などを送っています。
受け取ったお礼の品を通し、全国の様々な土地の特産品、地場産業を知ることができます。
ふるさと納税は、地方を応援する寄附者と全国の自治体をつないでくれる日本を元気にする制度なのです。

2008年にスタートしたふるさと納税制度。画期的なこの制度は話題を呼び、2013年には寄附によって税金の控除を受けた人が10万人を超え、自治体への寄附金額は140億円以上にのぼりました。
そして、昨年2015年の税制改正では、控除の上限額が約2倍に引き上げられると共に、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設され、年間で5自治体までの寄附は確定申告が不要になりました。
よりメリットが大きく、便利になったふるさと納税制度は、マスコミでも取り上げられることも増え、利用者数もどんどん増加しています。

前へ:【ふるさと納税】<九州産黒毛和牛こま1.5kg+タレセット> 500g×3パック
ふるさと納税トップへ
次へ:楽天 ふるさと納税総合ランキング

ブックマークに追加する

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yum6yum6.xsrv.jp/mtcgi/mt-tb.cgi/2959

コメントを投稿

ふるさと納税TOP
 >  ふるさと納税とは  >  ふるさと納税ってどんな制度

ブログランキング

  Recent Posts

  Monthly

  Category

  TAG CLOUD

  • seo